不動産市場を活発に

ノンリコースローンのメリットについて調べてみました。近頃は日本でも多くの金融会社がノンリコースローンを扱うようになってきたようです。どのようなメリットがあるローン商品が、不動産市場の活性化に一役買っているノンリコースローンというものなのでしょう。不動産や投資プロジェクト、船舶など特定の原資に、ノンリコースローンは返済対象を限定できる金融商品だそうです。審査基準がこれまでのローンとは全く違うので、かなりメリットの内容も異なるでしょう。

 

ノンリコースローンでは、審査の対象に物件そのものがなるので、借り主の社会的信用力はあまり重視されないでしょう。社会的信用がまだ乏しい若者や現時点では安定した収入を持たないという人でも、融資を受けることができるのがノンリコースローンの特徴です。かかるリスクを限定することができるノンリコースローンでは、返済が困難な状況になっても、投資家には担保とした物件以外に返済義務がないといいます。少ない自己資金でもローン融資を受けることが可能なのが、ノンリコースローンです。場合によっては大きな回収を見込めることも、投資活動が効率的にできるためあるといいます。

 

デメリットは金利が高くなりがちということなのですが、収益が大きく得られることがあるようです。積極的な展開が事業などでは可能になりますので、うまくリスクを回避しながらノンリコースローンを活用すると良いのではないでしょうか。