世界のマネーの流れをチェック

【解説】先物取引を分析すると、「証拠金(担保)取引」制度を採用している金融商品。だからささやかな資金からでも売り買いが可能です。だからハイリスク・ハイリターン型の投資スタイルも可能である。
紹介しよう「銀行の経営の行く末は銀行に信用があって軌道にのるか、そこに融資する値打ちがないものだという見方をされたことで発展しなくなる。どちらかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
このように株と緊密に関係しあっている金融商品には、投資信託または株式などである。このような商品にも関心をもって投資することで、連動して株の動きをまるで肌で感じられるようになる。
【経済用語】日本経済は勿論として、さらに世界経済をつかむ為には、金融と経済の基本である株や金利さらに為替を読み取る事が不可欠。なぜなら株価及び金利さらに為替は常にぴったりと関わりあっているからなのです。
つまり、金融商品が対象となるあらゆる業務が金融商品取引法(旧証券取引法)により、制限されているのではなく、そうなるケースでとしては通貨を売買する取引(両替業務)にについてであれば金融商品取引業の登録は不要なのです。
【紹介】ETF投資(証券取引所で取引される投資信託)のリスク(危険性)というのは、普通であれば(1)対象の価格変動に伴うリスク(2)信用リスク(リンク債など)(3)その他のリスク(信託終了となる事情など)があるのです。(2)のリスクについては取引によっては特別な考察が必要です。
多くの株式を公開している企業では、企業活動を行うためのものとして、株式に加えて社債も発行する企業がほとんど。株式と社債の一番大きな違いは、返済義務に関することと言える。
【投資で失敗しないために】アセットアロケーション:金利や株そして為替は緊密に関わり合っており、3つともの動向を注目することが必要。興味のある商品だけではなく、他にも資産を分散して失敗のないように投資することが一番大切です。
株に投資する人が、株式の動向だけに注目するようなことでは、為替の動きのあおりで株式市場の価格が変動した際、その株価の上下の原因がわからず、その後の変動に対応できない可能性が非常に高い。
【解説】金融機関のこと。金融取引に関係した事業を行う法人、企業、団体などのことだ。ただし、狭義には預貯金取扱金融機関のみであるが、反対に広義には保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。
【売りと買い】「投機家」であったり「トレーダー」が、そうでない人が行う一般的な買い注文だけにとどまらず、さらに空売りという方法による特別な売り注文も合わせて行うということに対し、「投資家」や「トレーダー」以外はたいていは、買い注文からだけで入るものである。。
そのとおり「失われた10年」という言葉は本来、国であったりある地域の経済が約10年程度以上の長きに及ぶ不況と経済停滞に直撃されていた10年を表す言い回しである。
どちらにしても金融システムこそが経済における言うなれば不可欠な動脈なのであり、我が国の経済の変革活性化のため、合わせて不良債権問題の解決しつつ、抜本的な構造改革を支えることができる、より強固で安定的な新しい金融システムの構築が最重要である。
【常識】アセットアロケーションって?アセットアロケーション(投資配分)は最初に決めてしまっておしまいではないのです。自分が組み立てたアセットアロケーションの運用状態を常時点検し続けることが課題になります。
保険業法(改正1995年)の定めに従って、保険の取り扱いを行う企業は生保を扱う生命保険会社あるいは損保を扱う損害保険会社のどちらかになり、いずれの会社も内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社のほかは行ってはいけないとされている。